ノンジアミンカラー

髪と頭皮に負担の少ないノンジアミンカラー

Cocoaではちょっと特殊なカラー剤を揃えています。それは「ノンジアミンカラー」「低ジアミンカラー」です。
「ノンジアミン」は肌への刺激(アレルギー)物質であるジアミンが入ってないカラー剤です。
ここ数年前からジアミンアレルギーという言葉がちらほら見かける様になりました。Cocoaではまだ重症化してしまったかたはいませんが
たまにお客様から知り合いがカラーして顔が腫れたや、頭皮がただれて膿みがでたなどという怖い話も聞いたことがあります。
ジアミンアレルギーとはそれほど危険なものなので覚えておいてくださいね。いつも頭皮がヒリヒリしないのに最近よくヒリヒリするようになったった場合は要注意です。また1度発症してしまったら元に戻ることはないので気を付けましょう。肌が弱くてアレルギーが怖い方におすすめの方法をお伝えします。

1パッチテストでしっかりチェック

この方法は鉄板です!いきなり頭皮につけず、腕の内側などに少しカラー剤をつけて絆創膏などで上からおさえ48時間放置します。そして何も反応がなければアレルギー反応なしなので染めれます。
2時間がない方・めんどくさがり屋の方は「ノンジアミンカラー」・「ヘアーマニキュア」で染める
「ノンジアミンカラー」ならジアミンが入っていないので安心です。「ヘアマニキュア」は明るくはできませんが退色した髪などの色味補給には使えます。

・ノンジアミンカラーのメリット

「ノンジアミンカラー」のメリットはジアミンが入ってないだけではありません。カラー剤自体が化粧品の成分でできているため刺激・臭いも少なく髪へのダメージもめちゃくちゃ少ないです。カラー後の髪のきしきしした感じやパサつきはほとんどありません。普通のカラー剤で染めた部分と「ノンジアミンカラー」で染めた部分は明らかに手触りが変わります。なので染め続けると髪質改善になります。

・ノンジアミンカラーのデメリット

もちろんデメリットもあります。それは外国人風カラーという様な透明感ある色にはできないです。髪の毛を脱色する力は少し弱めなのでハイトーンのカラーはできません。(普通の明るめの茶色くらいはできます)イメージは下の写真くらいです。ここまでは明るくすることはできます。(剛毛の方はもう少し暗くなるかもしれません)

なので外国人風カラーなどの様に透明感は少し少ないです。
もう一つは白髪は染まらないです。白髪を染めるにはどうしてもジアミンの力が必要だからです。今のところノンジアミンカラーで白髪をそこそこの明るさで染めれる商品は見当たりません。

・白髪の方はどうする?

Cocoaでは「低ジアミンカラー」というメニューがあります。これはノンジアミンカラーをベースに少しだけジアミンの入ってる薬剤を混ぜて使います。そうすることでそこそこの明るさや色味を楽しみつつ刺激やダメージを軽減してくれます。メーカーさんの調べでは通常の白髪染めの薬の薬1/4のジアミン量だそうです。Cocoaの白髪染めのお客様8割くらいが「低ジアミンカラー」されてますが皆さん刺激が少ないし髪がパサパサしないと言ってとても喜んでくれてます。

・まとめ

頭皮が敏感な方やカラーを頻繁にされる方にはとても効果的なカラー剤ということがわかっていただけたでしょうか?頭皮ケアは早めのほうがいいので透明感あるカラーをしないのであれば断然「ノンジアミンカラー」がおすすめです。

PS

どうしても透明感ある色味をノンジアミンでやりたいという方は「ダブルカラー」といって2回連続で染めるとノンジアミンカラーでも透明感だせますので相談してください。

カラーした後の頭皮と髪に与えるダメージをなくしてくれる「薬剤除去」もおすすめです!こちらの記事も是非読んでみてください。

 

  • この記事を書いた人

TAKAHASHI

髪質改善酸性縮毛矯正が得意な美容師です。剛毛からハイダメージ毛・エイジング毛全てに対応できます。また2022年からリンゴ幹細胞トリートメントをはじめ酸性縮毛矯正以外の髪質改善もはじめました。 ツヤ髪が欲しい方はぜひご相談ください。

-ノンジアミンカラー